葬儀の納骨についてですが、身内の大切な作業です。お箸の使い方にも関係しています。お骨を納める行為です。

押えておきたい常識集 葬式と納骨について
押えておきたい常識集 葬式と納骨について

葬儀の納骨についてです

葬儀の納骨は、実際にやった事があります。これがその人の骨なのかと、静観しながらも、大事な大事な骨という存在に圧倒されました。遺骨を墓に納めることを納骨といいますという事からも、葬儀での大事な作業の一つです。

納骨の時期には、とくに決まりはありませんとの事ですから、何日という決まりが無いという事を覚えておく必要があります。日付が決まっていない分、慎重に作業しないといけないですね。大事な先祖様の遺骨ですから。

納骨の仕方:葬儀・葬式のマナーというページがありまして、大変勉強になりました。遠方から足を運ぶ親族に配慮して、四十九日、一周忌、三回忌の法要などに合わせることが一般的ですとの事です。私の身内も弔いを毎年していまして、お坊さんが来ると、祖父を思い出して、遺言を思い出して、これからも頑張って生きようという活力にしています。そもそも納骨というのは、納骨は「納骨法要」と言うのが正式名称で、お墓に遺骨を納める儀式のことを言いますとの事です。法要というのは、本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということで、無宗教の私には理解できないのですけども、仏教は興味があります。納骨にも色んな種類がありまして、お墓に納骨、納骨堂に納骨、その他の納骨があります。散骨や樹木葬というのは初めて知りましたが、宗教や宗派を問わないやり方で弔いたいですね。宗教は興味がありませんが、友人に仏教の学校を通った友人がおり、お坊さんになるのか気になる所ですが、お葬式って一番大事な事だと思っているので、その中の作業の一つとして、お葬式の納骨は、忘れられません。今後も関わって来ますし、私が喪主を務める日が必ずやってきます。上手くまとめるというよりは、気持ちのこもった葬儀をしたいと思います。納骨は人それぞれこんな方法がいいという遺言があるみたいですが、私の祖父は「日記」がキーポイントだったらしく、私も祖父のような素敵な人間になれるように、葬儀の納骨を忘れないようにしたいと思います。

新着おすすめ