葬儀の形式は変化しており、納骨ではなく散骨希望者も増えています。海での散骨は一定のルールに則って行われます。

押えておきたい常識集 葬式と納骨について

葬儀の後、納骨ではなく散骨をする

最近は従来の葬儀形式とは異なる、自然葬を希望する人が増えています。自然葬の大きな特徴は、お墓に納骨するのではなく、遺灰を自然に還す散骨をすることです。散骨は全ての骨を撒く場合と、一部は納骨して一部のみを撒く場合とがあります。散骨は法の規制外とされており、特に決まった法律はありません。しかしどこに骨を撒いても良いという訳ではなく、一定のルールは存在しています。散骨をすることになったらまず、後でトラブルにならないよう親族の同意を得ておくことも重要です。また何時どこで散骨を行うのかも決めておきます。自然葬といっても、葬儀や火葬は通常通り行われることが多いです。そちらもきちんと進めなくてはなりません。納骨と散骨、両方行うのかそうでないのかも早い段階で決めておいた方が良いでしょう。

自然葬に多い海の散骨では、遺骨は粉末状にして水溶性の袋に入れます。ある業者の場合、沖合い10キロの地点で袋に入った遺灰を船から投じます。袋から出しても良いという場合もありますが、環境保護や他の船への配慮から、袋のまま投じることが基本です。専門の業者は沖合い何キロという、決められた地点で散骨を行っています。沖まで出ることは港など、沢山の人の目に触れることを避ける意味合いもあります。花やお供え物は、やはり環境保護の面から決められた物や方式以外では避けておきます。業者による散骨では埋葬許可証の提示を求められることがあります。火葬後、重要な書類なのでしっかり保管しておきましょう。また、散骨後に散骨証明書を発行している業者もあります。法的な意味はありませんが、何時どの海域で散骨したのかが書かれており、散骨場所を改めて訪れたい時に役立ちます。今後葬儀の形式がさらに多様化し、納骨に加えて散骨が増えると、法整備が行われるかもしれません。その場合は法に則った方法で散骨することになります。

新着おすすめ

  • 心のこもった大阪の葬儀を行うならまずはこちらにご連絡ください