お通夜、葬儀が終わりそして納骨までの流れがあります。納骨式までやってやっと落ち着くものです。

押えておきたい常識集 葬式と納骨について

葬儀を終えて納骨までの流れ

私は今まで自分の身近な人が亡くなっても葬式を手配したりすることはしていません。だからあまり葬儀や納骨についてもあまり知らないことが多いと思います。そこでわからないときには、葬儀屋さんにお願いをして流れを教えてもらうのがいいと思います。まずはお通夜をして告別式という流れで葬儀が流れていきます。その時に火葬場でお骨になってから、それからまだ仏壇に置いているのです。それからの流れを私もあまり知らなかったのです。

納骨はいつやるのかを時期を初めて知りました。時期に決まりがあるかと言えば、決まりは特にないのだそうです。ただ一般的なのが、四十九日や一周忌の時に納骨式を行うことが多いそうです。またそれぞれの地域によっても違っているのです。葬儀が終わってすぐに納骨されるところもあるそうです。それぞれのやり方がありますが、葬儀屋さんがしっかりわかっているので心配しないで大丈夫だと思います。その地域によっての流れでお墓に納骨するといいと思います。

誰も何度も行うものでないので初めてで知らないのが当たり前だと思います。もしお墓にすぐにでも納骨できない場合でも、お寺などで預かってもらえることもできるそうです。お墓がない場合でもお寺を使ってできることもあるので相談してみるといいと思います。納骨式では身内だけで行います。大体の方は四十九日に納骨して本堂で法要をされることが多いです。そしてお墓に行き、お経をあげてもらうようになっています。流れを頭に入れておくといいかもしれません。

新着おすすめ