葬儀の際に震災で被災された方々の事情を慮った供養方法が多数を占めている。納骨を一部分骨するのもある。

押えておきたい常識集 葬式と納骨について

葬儀の際に納骨を分骨

東日本大震災によって様々な人が生き方を余儀なく変更されました。自宅ばかりではなく菩提寺自体が流されてしまって、先祖代々の場所に納骨することが難しくなったという人も珍しくありません。そのため、多様性のある葬儀プランや納骨の方法を考えることで、規定概念にとらわれない様々な葬儀の方法を検討することが大切なのだということがわかるようになっているのが魅力的です。様々な方法がありますが、具体的にいうと分骨しておき、一部を後に残された人がキーホルダーやペンダントとして身に着けることによって、なくなられた方の得を偲び、自分たち自身でもがんばって生き抜こうとしておくことが大切だといえます。この方法は手元供養と呼ばれており、多くの人に人気の高い方法だと言えます。

様々な事情によって納骨したあと遠隔の地に避難したために、定期的に拝むことが難しいという人の場合などによっても、手元供養について適切に行動しておくことによって、いつでも拝めるようにしておくことによって、なくなられた方への供養を定期的に活用することが可能といえるのです。自分達でなくなられた方を偲べる方法としても、大変効率よく魅力的なプランを選べるといえます。供養の方法が多様化しているために、自分達の生活面を充実させるのみならず、安心してご先祖様をお祭りできるようにしておくことは大切だといえます。そのため、生活面において安心できる部分を適切に把握しておくことによって、安心できる環境を整えることが可能です。

新着おすすめ